エストロゲンの効果について

エストロゲンは、子宮の発育や子宮内膜の増殖、乳腺の発達など女性が女性らしくある為に分泌される女性ホルモン一種である卵胞ホルモンであり、このホルモンが分泌される事により生理を促し妊娠が可能となりますが、40歳代になると徐々に分泌量が少なくなり更年期障害の原因となっています。
エストロゲンは、コラーゲンの生成を促進しみずみずしく柔軟な皮膚組織を形成する事からキレイホルモンとも呼ばれ、LDLと総コレステロールを抑えHDLを増加させる作用や、血管の拡張作用などの効果があり、動脈硬化や高脂血症、アルツハイマーなどの予防に効果があるとされています。又、エストロゲンは、新陳代謝を活性化する事からダイエットにも効果があるとされています。

エストロゲンを増やす食べ物

エストロゲンは卵巣から分泌される女性ホルモンの一種で、女性らしさを保つために欠かせないものです。
女性にとっては美しい髪質やきめ細かな肌の質感、ふくよかな胸を保つなどの役割を持ちますが、エストロゲンの卵巣からの分泌は20代でピークを迎え、30代から減少し始め、40代以降は急速に減少していきます。そのためエストロゲンの分泌を促進させるためには卵巣の機能を正常に保つ必要があります。とくに食べ物では大豆製品が効果が高く、大豆に含まれる大豆イソフラボンはエストロゲンと似た構造、作用をしています。また卵巣の老化を防ぐためにビタミンEの摂取が効果的とされています。ビタミンEはモロヘイヤや大根の葉、かぼちゃ、アーモンドなどに多く含まれているためこれらの食品を積極的に取るとよいでしょう。

更年期障害とエストロゲンの関係

更年期障害は、加齢による卵巣機能が徐々に衰える事によりエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌量が減少する事により発症する症状であり、早い方では30代後期から発症するケースもありますが、一般的には閉経を迎える45歳前後で発症します。
視床下部や脳下垂体は、エストロゲンの分泌量の減少に伴い性腺刺激ホルモン放出ホルモンや性腺刺激ホルモンゴナドトロピンを分泌し卵巣を刺激しますが、衰えた卵巣にはエストロゲンを分泌する余力が無い為に、エストロゲンの減少とゴナドトロピンの増加というホルモンバランスの乱れが引き起こします。その為、更年期障害は、全身倦怠感や不眠症状、ほてり、集中力の低下、抑うつ状態などの精神的症状も発現します。

エストロゲンを活性化させる生活習慣

生理時に分泌される卵胞ホルモンエストロゲンは、日常的に分泌量が減少すると自律神経や血管、脳に悪影響を及ぼし様々な症状を引き起こし、分泌量が過剰になるとプロスタグランジンを過剰に生成し生理痛の原因となりますが、肌の水分量や皮脂量の調整、コラーゲンの生成など女性の美容や健康維持に大きく影響しています。
エストロゲンを活性化させる生活習慣としては、過酷なダイエットや過度のストレスなどにより自律神経のバランスを崩さず、寝不足や運動不足を解消し規則正しい生活を心掛けメラトニンの分泌を安定させエストロゲンの分泌バランスを整えます。女性は、男性に比べて冷え性になり易く、体温が低下する事でホルモンの分泌量が低下するので体を冷やさ無い様にします。又、恋愛や定期的な性交渉でも女性ホルモンの生成を活性化出来ます。

月経前のプロゲステロンとエストロゲンの関係

PMSは、生理の約2週間前から引き起こされる月経前症候群の事であり、症状はイライラや他人に対する攻撃性などの精神症状、下腹部の痛みや全身の倦怠感などの身体症状など個人差が大きく200種類以上の症状があるとされていますが、生理が始まると症状が改善し消失します。
PMSは、排卵を境界として生理前半に分泌量の多いエストロゲンと後半に分泌量の多いプロゲステロンの2つの女性ホルモンのバランスが急激に変動する影響で発症すると考えられています。
PMSの症状改善には、強い抗酸化力を持つフラボノイドを含むピクノジェールやエストロゲンに近い構造を有するイソフラボン、成長因子やあらゆる栄養素を含むプラセンタなどのサプリメントが有効とされています。

エストロゲンを高めれば、大人の胸も成長

小さな胸がずっとコンプレックスだったという人は多いでしょう。
もう大人になって成長も止まったから胸も大きくならないとあきらめているかもしれません。しかし、エストロゲンの分泌を高めれば、バストアップも夢ではありません。
エストロゲンとは、女性ホルモンの一種です。女性ホルモンの働きによってバストアップが期待されるのです。
では、どうやって分泌を促すかですが、まず一番はエストロゲンは就寝中に分泌されるので、22時には寝ることです。しっかり寝て分泌を促します。次に、この成分に似た働きをする大豆イソフラボンを摂取することです。大豆製品をたくさん食べるのが効果的です。つぎに、バストマッサージも効果的です。女性ホルモンは乳腺を発達させ、胸を大きくします。マッサージによって乳腺が刺激されるので効果が期待されます。